BMDは新しい健康法を作りました。

ミモレ農園 農薬不使用 坊ちゃんかぼちゃ
ミモレ農園 坊ちゃんかぼちゃ

体内を見つめながら・・・自覚できる世界

 

 

私が30年余り、提唱してきた予防医学は、微細な世界の考え方を基本としています。氣代謝生理学という考え方を構築し、健康維持のシステムを開発してきました。

 

簡単に説明しますと・・・。

 

*体内の水・電気・微生物・細胞・脂を管理する。
(臓器が基本とされていた時代に、微細な世界が基本であり、小さな単位の方が優勢であるとして、電気が溜まると病気になるので、余分な電気を体外に出す方法手段の、一つとして・・・、氣代謝誘導装置や氣代謝発信装置を開発しました。理解して頂いた、多くの会員の方に愛用されては来ましたが、一般的には、まだまだ、?マークの世界なのです。機械自体は、忠実に働いてくれています。脳科学の進歩から、体内は電気信号が基本であることが証明されてきました。脳が思考して発する電気信号を受信して、反応する機械も出来てきています。20年以上も前に、微細な世界が基本であるという考え方を世の中に発表した時は、非難されて大変でしたが・・・、今は、想像もつかないような、微細な世界の働きに、支えられているという事は、当たり前になってきています。)


*ひのきの葉を科学した商品の開発について。
(森林浴が体に良いことは、以前から知られていました。山に毎日出かける事は出来ないので、「飲んで・付けて・洗って・寝て・・・森林浴」という考え方のもとに商品を開発してきました。最近になり・・・、森林浴がストレスを軽減する事が数値で証明されました。今からBMDシステムは世の中に認められていくと、喜んでいます。)
 

 

今月も、「プラス・マイナス・ゼロ健康法」に関する内容を掲載します。

 

簡単に説明します。

 

 

プラス・マイナス・ゼロ健康法

 

「腸内フローラとミトコンドリアと細胞に負荷をかけず仲良くする」
 

1日24時間をプラス・マイナス・ゼロ3つの世界に分けます。区分することで頭が整理されます。

 

 

プラス=食べ物を口にする時間・腸内フローラの事を考える。 
マイナス=ミトコンドリアとの時間天使の水・ひのき水・ひのきコーヒー・ひのき茶…等でカロリー低いもの。
ゼロ=寝ている時間。細胞を休ませていると考えている。

 

*時間の区分
 プラスは8時間で、この間、欲しいものを欲しいだけ食べる。ダメという指令より、体が欲しがることを優先。否定はストレスになるようです。
 マイナスとゼロを足して、16時間と考える。寝ていない時がマイナスの時間と考え、最後に食べてから、16時間は、食べないという考え方をすると簡単です。これを基本として、時間を守っていると体内時計が出来るのか、いろいろ事が整ってくるような気がしています。試してみてください。

 

 

ミモレ農園 農薬不使用 ピーマン
ミモレ農園 ピーマン

 

みなさまの体験談


○母と健康法を続けています
始めは、腸内フローラのための8時間を、12時~20時までと時間を決めてやったことで苦しかったですが、次の日1番に食事する時間に合わせて、そこから16時間逆算して晩ご飯を終えるようにしたら、融通もきいて楽になりました。
8時間はしっかり食べて良くなったので、栄養やカロリーのことを気にせず、ストレスがなくなり、メリハリもつきました。

 

【91歳の母の経過 8月24日開始】
 

朝、野菜ペースト・BMDはちみつ酵素・ひのきコーヒー入りカフェオレと半熟卵を摂っています。(そのあとにひのき茶で薬を飲みます)ひのき茶は飲みたいときに飲んでいます。
*3日間はカフェオレと果物を少し出していましたが、半熟卵を食べてもらうと頭が動いた感じがしました。


・経過
 

デイサービスを利用して夕飯を食べて帰る日があります。食べたことを忘れて催促することもあり、「ご飯出してもらってよばれてきたよ」と言うと「そんなことはない」と不機嫌になることもありました。今はそれもなく、帰ってきて眠くなったら、すぐにベッドに行くようになりました。
 

朝の起床が遅くなり、出されたもので満足して、白飯がないと落ち着かなかったのがなくなりました。眠りが浅くベッドに行ってもすぐに起きてきて、椅子でウトウトし、夜中もそういった行動が多く、時々、部屋をウロウロしたり、家からでることもありましたが、ぐっすり眠っている様子で、夜中はトイレに行く以外は起きてこなくなりました。以前よりかなり落ち着いた感じがします。

 背丈が低い母ですが、体重は51㎏ありお腹が大きくふくれて、「お腹が大きいね」と言われていました。体重はほとんど変わっていませんが、見た目が小さくなった感じで、体全体が少し軽くなったように見えます。足のむくみがあり、ひどい時はパンパンに腫れていました。ひどい状態が今のところなく、むくみも少し減っているように思います。
 

*9月6日。朝、起床してから気が下におりにくそうでした。
ひのき茶を飲むと電気の動きをよく感じて、ローションとトニックをつけるとグーッと下におろす力を感じ、すごいな~と思いました。ハッピーでさらにおろしてもらいました。

 


【私の経過 6月28日開始】
 

一日の食べ始めが午後2~3時の間に食べるので、朝は固形物を摂らずにひのきコーヒーカフェオレを飲んでいます。
 

ミトコンドリアの活動のために、ひのき茶・ひのき水・ひのきコーヒーを適当に飲みたいときにとっていますが、朝目覚めた時と寝る前は、薄めて3種類を少量ずつ一度に摂るようにしました。3、4日で身体が軽く感じ始めました。一か月くらいから体の芯がしっかりしてきたような気がしたのとやる気のエネルギーがわいてきたような感じがしてきました。

 

今まで物事をするのに、どうしようかな? と考えて、今度にしようかなと後回しにすることもあったり、一日にたくさんこなさないといけない事柄があるとひとつ忘れて、二度手間なことをしたりしていましたが、身体がどんどん動き出し、若い時のようにその日のスケジュールをきれいにやり通して、なおかつ、これもできると時間をフルに使って、久しぶりに達成感と活動的に動ける自分を認識することができて自信と喜びを感じました。

普段あまり歩かないので、たまに歩いて出かけると少しぎこちない感覚がありましたが、スーッと背筋が伸びている感じで、歩くとしっかり地面を踏みしめている感覚があり、まっすぐ足を運ぶことができて、なんとなく若返ったかな?と思うと、よけいに身軽な感じになります。なんとなくメリハリ感があって、出かけても颯爽と歩けている自分がいるようで、少し離れた町に買い物をしに行くのも苦がなく疲れずに楽しんで帰ってこれました。
 

身体のむくみが生じていましたが、今までのようなむくみはなくなってきています。
 

炎天下で2時間テニスを1か月ぶりにしましたが、息もあがらず、体重はほとんど変わっていないのですが、体が軽くよく動くことができて驚きました。周りがよく見え、とても落ち着いて気持ちよくプレーができました。
 

 

母が8時間食事法を始めてから、落ち着いてくれているからなのか、私自身毎日とても眠くて、睡眠時間がまとめてではないですが増えました。

 

こちらが何かをしているときに声をかけられたり、世話をしないといけなかったりすると、頭が混乱するのか忘れ事につながったり、少し苛立ったりしていましたが、母と接する感覚が今までと違って気持ちがずいぶん楽になっているように感じます。
 

心身が大きな波のような抵抗がなく、平常な感覚でいられて、思いと行動がうまく重なっていってるような気がします。
 

食事に関して、この時間にこれを食べたら太るかも・・・食べ過ぎかも・・・こんなふうに食べたほうがいいかも・・・と知識で知らず知らずにストレスになっていたのかもしれないところを8時間内は食べたいときに何を食べてもいいと言う解放感から好きに食べられているので、今までよりもとてもおいしく食事をすることができて、満足感と幸せ感を味わっています。

 

 

ミモレ農園 農薬不使用 いちじく
ミモレ農園 いちじく

○1日が豊かに過ごせています
 

食事の取り方を変えて約1ヶ月が経ちました。初めのひと月は身体的な変化(痩せ過ぎていたのが解消された等々)に気持ちが向いていました。
 

改めて振り返ると、朝ご飯を食べなくてはならないとか、夜寝る前の2時間は食べてはいけないなど、食に対するいろんな制約で食べていたのが、今はただ最後に取った食事から16時間空けるという事と、ミトコンドリアのためにと思いながらお茶を飲んだりコーヒーをとったりする時間、何も取らない時間(寝ている時間)。そして食事をしても良い時は食べたいものをお腹いっぱい食べるという事が自然にできるようになりました。
 

自分にかけていた制約を外し、その3つをできる範囲で取り組むようになり、朝は優雅に時間を過ごす事から始められ、気がついたら1日がゆったりと過ぎていく事が多くなりました。
 

以前のように慌ただしく忙しく1日が過ぎてゆくような事がなくなり、やりたい事が沢山こなせて、1日をとても豊かに過ごせている事に気がつきました。以前のような状況で行動していると、間違いや失敗も多く、余計な事にエネルギーを使い疲れてしまっていたように思います。1日の終わりの満足感まで、なんとなく変わってきた気がしています。
 

頭もしっかり動くようになってきたように思います。

 


○行動にメリハリがついています
 

2ヶ月が経過しました。体重2kg減、体脂肪率2%減のままですが、確実に締まり続け、筋肉に力が入りやすく軽やか。ハードワークで疲れますが、「食べない・食べる・眠る」と区切りをつけるのと同じく、「いまは、これを全力で!」「終わったら、次はこれをやるぞ!」と楽しく計画を立てながら1日が終わります。自分の心と身体が喜ぶ事をするための時間作りの努力も楽しいです。ますますポジティブです!

 


○体もお肌も調子が良いです
 

はじめは朝食をぬくのが辛い時期がありましたが、体調が良くなってきたので10日ほどで慣れてきました。お腹がすいたときにはひのき茶や天使の水など水分をよくとるようにしています。
 

便通も良くなり、肌のきめが整い、前より色白になってきたように思えます。お腹の脂肪は確実におちてきています。食事も前より美味しくいただけますし、体もよく動けます。
 

以前大きな病気をした時にもった、「とにかく食べなければならない」というトラウマから解放されたことがとてもうれしいです。

 

 

ミモレ農園 農薬不使用 冬瓜
ミモレ農園 冬瓜

○考え方もシンプルに
 

気持ちが落ち込むことがなくなり、体もしっかりしてきたと思います。
 

複雑に考えなくなったのが何より大きく、やりたいこと、今必要なことなどが、だいぶ楽に判断できてきたと思います。以前は計画したことができなかったとき、不安になったりイラついたりしていましたが、できなかったら次どこでどのようにするか、見通しもつけられるようになってきました。
 

氣が頭に上がりにくく、落ち着いています。悩みそうになったときに、氣をおろすイメージをすると、体が自然と動いてくれ、それに頭もついていくという感覚です。
 

マイナスの時間にお腹がすくこともあるのですが、欲しいままに食べてしまわず、ミトコンドリアの時間ということを意識して、ひのき茶などを飲むようにしていると、体の動きもスムーズに感じます。

 

 

○朝の時間が楽しいです
 

実は初め10日やってみた後、朝ごはんを抜くのがつらくなって挫折しました。でもその後、ミトコンドリアの働きが良くなるというイメージを持って、もう一度やってみようと思い、今実行しています。朝を抜くのにも慣れてきて時間ができるので、朝の時間が有効に使えています。
 

自分の庭掃除の後、なぜか団地の共用スペースまで掃除がしたくなり、たまにやるようになりました。近所の方にありがとうと言われて嬉しいし会話もできて、いい時間を過ごしています。 身体が良く動くようになったと思います。

 

 


あとがき
 

体内の機能がどんどん解明され、知識は増え、健康維持が複雑になり、BMDシステムに「プラス・マイナス・ゼロ」健康法を加えた考え方を試してみました。朝食を抜くのは、子供は別と考えています。いろいろな報告も来ています。奥の深さも感じています。
 

会員の皆さんも、是非、試されて、報告して下さい。お待ちしております。

 

 

 

近藤和子について

BMD(ビーエムディー) 創業者 近藤和子について

 

1944年山口県で生まれる(岡山市在住)。これまで「ひのき葉」の研究や「氣のメカニズム」の研究を行ってきた。 1985年より岡山県北部の間伐材を活用するために、自宅の台所で国産ひのき葉の研究をはじめる。その中で考案した物理的な考えである「氣代謝生理学」と いう考えを基に、ひのき葉を主原料とした化粧品や入浴液などを開発。1992年「生涯の健康と幸福を守る知恵の超循環」そし て「自主自立豊かな心で一生を」の理念のもとに㈱BMDを設立。2004年、NPO法人グリーンヘルプジャパン(GHJ)を 立ち上げ、人と自然にやさしい循環型社会を構築する活動をしている。

 

現在、(株)ビーエムディー 代表取締役社長、BMD予防医学協会 代表、NPO法人グリーンヘルプジャパン 代表理事など。