近藤和子 について

 

BMD(ビーエムディー)の創業者、近藤和子をご紹介します。


近藤 和子
2011年撮影

1944年山口県で生まれる(岡山市在住)。これまで「ひのき葉」の研究や「氣のメカニズム」の研究を行ってきた。 1985年より岡山県北部の間伐材を活用するために、自宅のキッチンで国産ひのき葉の研究をはじめる。研究している中で考案した物理的な考えである「氣代謝生理学」という考えを基に、ひのき葉を主原料とした化粧品や入浴液などのBMDシステムを開発。1992年「生涯の健康と幸福を守る知恵の超循環」そして「自主自立豊かな心で一生を」の理念のもとにBMD環境美容予防医学協会を設立。2004年、内閣府認証NPO法人グリーンヘルプジャパン(GHJ)を立ち上げ、人と自然にやさしい循環型社会を構築する活動をしている。

 

現在、(株)ビーエムディー 代表取締役社長、BMD環境美容予防医学協会 代表、NPO法人グリーンヘルプジャパン 代表理事など。

 


皆さまへお伝えしたい事

連載&コラム

皆さまにお伝えしたい事や研究内容を「BMD情報通信」内で、毎月連載をしております。

近藤和子のコラムは会員さまへのお便り、又は当サイト内「BMD情報通信」にてご覧になれます。

ラジオ放送@FMくらしき

環境と健康と食育にいいラジオ

BMDでは氣代謝に基づいたBMDシステムをご提案しています。ラジオ放送ではさまざまな知恵や生活の情報を近藤和子が発信します。放送地域以外のみなさまにもお聞きいただけるようにこちらでご紹介しております。おすすめの料理紹介では、その料理にまつわるエピソードと共に、食育の視点からBMDシステムを使った調理法などもお伝えしています。どうぞお楽しみください。(毎月2回放送)